エスキース…作品を制作するための着想や構想、あるいは構図を描きとめた下描きのことで、作者のインスピレーションを吟味し、計画を 練る作業や下絵そのものを指して使われる用語。

 

スケッチ風景事物などを大まかに写しとること。また、その絵。写生素描

小品… 絵画・彫刻などで、規模の小さい作品。

 

コラージュ…画面に写真の切り抜きや針金など、様々なものを貼りつけて作品をつくる現代絵画の技法

パピエ・コレ…新聞紙、切符、包装紙、写真などをキャンヴァスや紙などの支持体に貼り付ける技法。多様な素材を用いる重層的コラージュ技法の初期段階。日常的物質を画中に直接挿入したことに始まる。

 
 

補色対比…補色対比とは、色相環で反対側に位置する色(補色)同士を組み合わせること。互いの色が鮮やかに見えます。

Unknown.png

​例えば、赤と緑・青とオレンジなど。

明度対比…周りにある色の明度によって同じ色が違って見える現象のこと。

unnamed.jpg

真ん中のグレーはどちらも同じ色​だけど左の方が明るく、右のほうが暗く見えます。

ハレーション補色や、補色に近い色同士を合わせると明度が近いことが原因で起こる、色の境界がチカチカして見える​現象のこと。

セパレーションセパレーション(分離)ハレーションを起こすような色同士の間に別の色を入れること対比を和らげること。

unnamed-1.jpg